かつて、中学バスケ最強の帝光中学には 10年に1人の天才が5人同時に存在し 彼らは「キセキの世代」と呼ばれた。
        その「キセキの世代」幻の6人目である黒子テツヤは誠凛高校へと入学し新たな仲間達と共に日本一を目指す。
        ゲームの舞台はウインターカップ前のとある日。
        大会に向けてユニフォームを新調し気合たっぷりな彼らはある合宿に参加する。
        向かった先の巨大スポーツ施設には強力なライバル達が結集していた!
        学校、チームの枠を超えた合宿が今始まる!